固定金利と変動金利の違いは、金利が上昇した時のリスクの在り方に違いがあります。

固定金利と変動金利の違い

住宅ローンには大きく分けて「固定金利」と「変動金利」があります。

 

超低金利時代となっている昨今は変動金利の注目も集まりますが、固定金利と変動金利は全くの別物商品と言えます。

 

双方のメリット・デメリットを理解して検討するとよいでしょう。

 

金利は単純な固定金利と単純金利の他にも、
一定期間固定金利型」「階段金利型」「上限金利型変動金利
などと波及商品が多くありますが、まずは根本的な固定金利と変動金利の違いを理解する事が大切です。

 

 

固定金利型

その名の通り、借り入れ期間の金利が固定されます。
フラット35やメガバンクなどの全期間固定金利型などが代表例です。

 

固定金利型の金利は超低金利となっている現在では、
短期間ごとに金利の見直しを行う変動金利よりも高い金利が適用されます。

 

もし、返済期間内に現在のような低金利時代が続いたり、更なる低金利化となったとしても、その恩恵を受ける事ができません。

 

これだけの説明では、短期金利を選びたくなる人もいるかもしれませんが、固定金利の最大のメリットは、住宅ローンの返済に対して毎月の支払額が固定期間内は保証されるので、計画通りの返済を行う事ができます。

 

変動金利の場合はローンを組み始める今の金利が安くても、20年や35年などの長期間の返済となると、どこかで金利が大幅に上昇して返済負担が増える可能性がありますが、固定金利型は公庫の金利変動などの影響も受けず、最初に決められた金利に基づく返済額を支払っていけばよいので堅実な選択となります。

 

 

変動金利型

上記固定金利の説明でも一部触れていますが、変動金利もその名の通り、短期間に金利を見直していく住宅ローンです。

 

超低金利時代となっていますので、今借り入れを行えば当初の金利は固定金利と比べて大幅に金利が安い傾向があります。

 

大手メガバンクの住宅ローンでは最近では実に8割~9割の人が変動金利を選んでいるデータも出ていて、非常に注目が高く人気となっているのが変動金利型です。

 

変動金利型は半年に1度、一般的には4月と10月に金利の見直しを行います。

 

変動金利の見直し基準は短期プライムレート(短プラと略す事もあります)が基準となり、短期プライムレートとは金融機関が優良企業向けに短期間の融資を行う時に適用される最優遇貸出金利の事で、主に日銀の政策金利が基準に変動します。

 

現在の日銀の政策金利は0.00%~0.1%と冒頭でも紹介している通り、超低金利時代となっています。この政策金利が上昇すれば変動金利は固定金利よりも負担が大きくなるリスクもあります。

 

半年に1度金利は見直しになりますが、政策金利は半年ごとに変わっていく事はあまりないので、4月10月の変動金利見直し時期でも据え置きとなる事が多いです。

 

しかし、政策金利の引き上げが発表されると、前触れなくいきなり大幅に金利が上昇するリスクが伴います。

 

 

固定金利と変動金利のメリット・デメリット

簡単に言ってしまうと、固定金利は一般的なローン・分割払いで、変動金利は組み方にもよって変わってきますが、長期間変動金利を選ぶのはギャンブル性を伴う投資に近い金融商品とも言えます。

 

超低金利時代が続けば、固定金利に比べて支払総額が数百万円という単位で軽減される場合もあれば、政策金利の引き上げが行われると、固定金利に比べても大幅に金利負担が増え、その上限は予測も立てられません。

 

一般的に住宅ローンを組んで返済計画をたてる時に貯蓄や収入に余裕があって、金利上昇に伴うリスクを負担できる余力がある人のみ変動金利を検討するのが一般的で、貯蓄もなく生活費ギリギリの中で住宅ローンを組む場合は変動金利にしてしまうと、金利が上昇した時に負担が増えると返済ができなくなってしまう可能性があるので、計画通りの返済ができる固定金利を選択するべきとなります。

 

 

変動金利のリスクを理解した上で波及商品も検討する

変動金利には半年という短期間で金利が見直されるリスクがありますが、低金利時代が続けば恩恵も受けられます。

 

子供が独立するまでの間は教育費でお金がかかるが、子供の養育費がなくなればお金に余裕ができるという方は一定期間固定金利型で検討するなど自分自身のリスクや支払い能力を認識して、金利タイプを選択していくとよいでしょう。