返済の残金1500万円以上、期間残り10年以上の人は借り換えがお得かも?

住宅ローンの借り換えとは?

 

住宅ローンの借り換えについて考える女性

住宅ローンの借り換えが注目されはじめています。

 

住宅ローンの借り換えとは、家やマンションを購入するときに借入れた住宅ローンとは別の金融機関からローン残高分を借入れして返済先を変えることを言います。

 

住宅ローンとは言うまでもなく金利が大きく関わってきます。

 

固定金利や変動金利など元金と一緒に金利を返済していくことが求められます。

 

したがって金利が高いときには、多く返済しなければならず、金利が低いときは返済する額も少なくて済むのです。

 

日銀のマイナス金利政策によって超低金利時代に突入しましたが、住宅ローンの金利も低くなり、固定金利を選択して高い金利を払いつづけるより、いっそのこと別の金融機関でローンを組み、残高を支払って節約する方法を選択する人が増えています。

 

具体的にはもとも固定金利3%で借りていた住宅ローンを固定金利1.5%のものに借り換えて月々の返済額が数万円減ったという人もいます。

 

総返済額も数百万円単位で減る傾向にあり、月々の返済額も総返済額も減るのでおすすめです。

 

特に現在借り入れているお金の金利とこれから借り換える金利の差が1%以上あるという人にはローンの借り換えはおすすめだといわれています

 

そして返済残高と返済期間が相当数長いという人には注目したいプランといえます。

 

返済残高が1500万円以上だったり、残りの返済期間が10年以上あるという人は一度検討してみたいですね。

 

逆にもうすぐローン返済が終わる人や残りの返済分が少ないという人には不向きなプランです。

 

なぜならローンの借り換えにも費用がかかるので、手間がかかった上に支払総額があまり変わらないということもありえます。

 

インターネットでも住宅ローンの借り換えの比較サイトがつくられており、どの金融機関で借り換えを行うとお得なのかが比較検討されています。

 

自分の返済額がいくら変わるかのシミュレーションを検討することができ、住宅ローン借り換えの検討材料とすることができるでしょう。