差額利息と諸費用を差し引いてお得になった場合のみ住宅ローンの借り換えは有効です。

住宅ローンの借り換えにかかる費用

 

住宅ローンの借り換えで、ローン残高を飛躍的に減らせる可能性があります。

 

しかし、住宅ローンの借り換えとは、新規の住宅ローンを組んだときと基本的には同じ条件なので、諸経費がかかります。

 

ここでは住宅ローンの借り換えの際に必要な諸経費用を解説します。

 

まず、事務手数料。
これは借入金の数%の金額が計算されることが多いです。

 

一律31500円などと決められていることもあります。
2%前後であることが多いです。

 

また、借入れ金額や返済年数によって決まる保証料なども有名です。

 

またフラット35や住信SBIネット銀行、ソニー銀行などはこの保証料がかからない住宅ローンとなっています。

 

また借り換え前の住宅ローンの残高を新しいローンで一括返済することにも費用がかかり、それを繰上返済手数料と言います。

 

これは概ね数千円から3万円程度の幅があります。

 

金融機関によっては無料としているところもあります。

 

繰上返済手数料には一部繰上返済と全額繰上返済の2種類があります。

 

特に一部繰上返済手数料を無料としている金融機関は多いです。

 

そして契約書貼付印紙税や抵当権設定登記費用や抵当権抹消登記費用などもあります。

 

抵当権設定登記費用は登録免許税と司法書士報酬からなっています。

 

このように借り入れ金額によって変動しますが、借り換え時の諸費用は、主に数十万円~100万円程度かかることがあります。

 

したがって借り換えによって総支払額を減らしたいわけですが、差額利息と諸費用を差し引きして十分に元が取れると判断できなければ住宅ローンの借り換えは安易に行うべきではないという結論になります。

 

この借り換え時に必要な費用についてですが、多くの場合、保証金が大きなウェイトを占めるといわれています。

 

全体の費用の約3分の2を占めると言われています。

 

この費用を押さえたいと思ったときに活用したいのが、保証料無料の住宅ローンです。

 

保証料無料の住宅ローンを展開する金融機関は増えてきています。