団体信用生命保険、変動金利、繰上返済、住宅金融支援機構、フラット35の意味とは?

住宅ローン用語集

 

住宅用語について

 

団体信用生命保険

住宅ローンを知る上で非常に重要なキーワードとなってくるのが、団体信用生命保険です。

 

団体信用生命保険とは、「団信」などと略されて使われることが多く、住宅ローンの債務者が死亡したり、事故や病気で高度障害にかかりローンを支払うことができなくなった場合に、そのローン残高をその人に変わって完済してくれる制度のことです。

 

生命保険であるため住宅ローン購入の際に自身の保険を見直す必要があります。

 

 

変動金利

基本的には変動金利は固定金利よりも安い金利が設定されます。
しかし変動と名がつくように返済期間に金利が変動する恐れがあります。金利が上昇していくこともあるため、将来的に利息や返済額の負担が大きくなる可能性があります。

 

 

繰上返済

住宅ローンの月々の返済とは別にお金を返済すること。元金分を繰上げで返済することになるので返済期間が短縮したり、総支払額を少なくする効果があります。

 

繰上返済をすればするほど、住宅ローンの負担の合計は減ることになります。

 

しかし利子や返済額にだけ固執すると人生設計全体の計画性を狂わせるこもあり、繰上返済はけして無理をして行うべきものではなく生活費や教育費などのとのバランスを保つ必要もあります

 

 

住宅金融支援機構

国土交通省住宅局と財務省が管轄する同区立行政法人。

 

旧住宅金融公庫から業務を継承していますが、直接融資するのではなく、民間の金融機関が住宅ローン(フラット35)などを融資できるよう資金を支援することを主な業務としています。

 

  • 証券化支援業務
  • 融資保険業務
  • 直接融資業務
  • 住宅の建設に関する情報提供

などが住宅金融支援機構の基幹業務です。

 

 

フラット35

フラット35は長期固定金利住宅ローンのことで、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して供給しています。返済期間が最長で35年なのでフラット35と呼ばれています。

 

保証料と繰上返済手数料が無料というメリットがありますが、融資事務手数料が割高というデメリットもあります。