ローン繰上返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類があります。

ローンの繰り上げ返済のメリットデメリット

 

住宅ローン繰上返済について説明する女性

 

 

住宅ローン繰上返済」というワードをご存知でしょうか?

 

住宅ローンはマンションなどのマイホームを購入する際に、金融機関などから資金を融資してもらい、それを例えば35年間、金利が含まれた返済額を返していくことです。


 

毎月8万円の返済をして、35年でローンが返し終わるとしましょう。
しかしローン繰上返済の場合、この毎月の返済額である8万円にプラスして50万円とか100万円を返済します。

 

それによって元金が減り、ローン残高の金利が減ることによって、返済期間が短縮するというものです。

 

厳密にいえば、ローン繰上返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。

 

  • 期間短縮型は、ローンの返済は早期に終わらせることができ、返済額軽減型は返済期間は変わらないけれど月々の返済額は少なくなるというものです。
  •  

  • ローン繰上返済の最大のメリットは、ローンを支払う期間が少なくなったり、月々の返済額が少なくなることです。

 

そして元金を減らして利息を減らす効果があるので生涯で支払った金額の合計も最終的に少なくなります。当初予定していた返済計画よりも経済状態が良くなり、予想外に早くローンを返済できるのはとてもうれしいことです。

 

そういった収入が増えて、経済状態が良好になった人にはおすすめです。

 

しかし、ローン繰上返済には意外なデメリットもあることにも言及しなければなりません。

 

それはローン繰上返済は一度に大きな金額を使用してしまうことです。

 

臨時でボーナスが入ったからといって繰上返済のために100万円も200万円も拠出してしまうと預貯金や自由に動かせるお金が大きく目減りしてしまいます。

 

それはその時に自由に使えるお金が減ってしまうということです。

 

人生の中で住宅資金を総合的にお得にしても、他の別の目的に資金が使えないというデメリットも多いです。

 

教育資金や医療費、介護費などさまざまな出来事に対応できるお金がなければなりません。

 

したがってローン繰上返済は無理をしてでも行うべきものではなく人生の中で使えるお金をコントロールしながら行うべきものです。